飛行機の謎と疑問【続編】>●国内線ジャンボジェットの末路

1970年の4月から、日本航空が就航を始めた国際線の
ジャンボジェット機。

これに見習い、多くの乗客を運ぶ路線が多い日本の国内線
にもジャンボジェット機を使いたいという希望もあり、日本
航空と全日空の発注で「B747SR」という航空機が開発
された。

この新型機の使われる環境は、国際線に比べて飛行距離が
短い上に、離着陸の回数もはるかに多い。

離着陸の回数が増えれば増えるほど、機体にかかる負担が
増加し、金属疲労や劣化が早まるという問題もあった。

そのために「B747SR」は「B747‐100」に、
いくつかの改良が加えられて開発された。

機体構造が強化されると共に、離陸時に主翼にかかる機体の
重量を引き下げる措置がとられている。

さらに着陸装置も、後継機である「B747‐200」と
同様のものを採用し、ブレーキも改良された。

離陸時の全体重量を引き下げたことによって、燃料効率の
よい航行ができるようになった上、離陸後速やかに高度を
上げることによっても、燃料の節約に貢献できるようにな
った。

速やかに高度を上げられるということは、離陸後に空港周辺
地域への騒音発生時間を短縮できるなどの、二次的効果も期
待され、実際に効果をあげていたようだ。

しかし近年の国内線航空機業界の厳しさ(乗客の減少や燃料
高騰など)により、ジャンボジェット機はその数を減らしつ
つあり、航空会社によっては、廃止する動きも加速している
のが現状だ。

これに代わって、機体をより小さく、軽くした飛行機の開発
や発注が盛んで、航空機業界は岐路に立たされているといっ
ても過言ではない。

飛行機の謎と疑問【続編】

トップページ
●航空機内で携帯電話を使うと
●飛行機のエンジンがエアコン?
●補助エンジンは隠れた英雄!?
●旅客機が上昇できる限界高度
●離陸と着陸のどっちが危険?
●コックピットが狭い本当の理由
●旅客機の出発時刻はどの時点
●全面禁煙の機内での喫煙事情
●航空機の心臓部の点検・整備
●燃料価格の高騰は死活問題
●こんな変わった物も運べます
●上空で膨張すると大変!?
●飛行中にドアが開かない理由
●パイロットが体験する錯覚
●コックピットの窓の構造
●旅客機は客船のマネをしてる?
●胴体に付いている突起物は?
●着陸をやり直す直接の原因は?
●温かい機内食が出てくる仕組み
●雷雲がもたらす空のショーとは
●翼が斜め後方に伸びている理由
●シュミレーターのお値段は?
●パイロットと宇宙放射線の関係
●パイロット専用トイレ?
●国際線のフライトで肥満に!?
●幻の客室乗務員とは!?
●空にあいた大きな穴とは?
●セキュリティチェックの光と影
●主脚にかかる凄まじい衝撃
●航空機史上最大の事故とは?
●航空機が突然山や地面に衝突
●国内線ジャンボジェットの末路
●安全のしおりを読まない方へ
●上空で「酸素マスク」は命綱
●匠の技が生きるリベット打ち
●金属疲労を心配するパイロット
●ペットと飛行機に乗る方法
●整備士が家に帰れない理由
●一等航空整備士の絶大な権限
●トイレの近い人は要注意の項目
●翼が折れないような設計思考
●エコタイヤで足元の安全確保
●コクピットが二階になった理由
●いわゆる究極のフライトとは?
●コックピットの時計は何時?
●客室乗務員の本当の仕事は?
●莫大な空気を欲するエンジン
●24時間体制の過酷な職場とは?
●管制官の絶大な権力の源は何?
●今さら聞けないエコノミークラス症候群予防法
●飛行機の部品点数はどのくらい?
●航空機のクリーング作業は大変!?
●整備士になるために必要な能力は?
●飛行ルートが毎日変わる理由とは?
●高度計の数値はアテにならない!?
●空の道を外れて起こった大惨事
●巨大な主翼に隠された秘密
●エンジン全停止の原因とは?
●横風は着陸時の事故原因に
●整備士は空港一タフな職業
●整備士に求められる資質とは?
●旅客機が自力でバックできない理由とは?
●空の交通ルールは船と同じ?
●美人の客室乗務員が多いのは?
●構想から10年かかる新型機の開発
●旅客機の寿命は何年くらい?
●機体にはプラスチックが多用!?
●航空性中耳炎には要注意!?
●パイロットの養成には3億円掛かる!?
●免税店で値引き交渉できる!?
●轟音の中で会話ができる秘密

その他

リンク募集中